Profile

大関 学


Manabu Ozeki

1969年 8月19日 宮崎県生まれ
生涯作品を撮り続けられる写真家であれるように、現在も活動している。

学生時代にオートバイが好きで、いろんな所に旅する時に写真を撮ろうと思い、はじめて自分のカメラを買い、撮り続けているうちに写真を撮ることが楽しくなった。
大学卒業後、庭師だった父を師事し造園の世界に入り、空間を創るという事を学び個人庭をはじめ公共での緑地工事、外構工事などを経験する。
仕事中の事故で入院し、何もできなくなった時にベッドの上でただ写真を撮ってみた。それ以来、もっと写真を撮りたくなり、独学で学び美展やフォトコンなどで入選を経験していくようになる。
2007年に結婚したのをきっかけに茨城県へ移住し、仕事を転々とする中「本当にしたいことは何なんのか…」そんなことを考えるようになり、2009年に16年以上務めた庭師業から写真家に転職することを決意。フリーランスとして活動を開始する。
パートナーと一緒に ema (エマ) として事業を展開しながら数多くのポートレートをはじめ、広告撮影を手がけるようになり、ポートレートにおいてはクライアントから「自分でも知らなかった自分の魅力が映し出されている」と多くの支持を得ている。
また、作品としては出逢った頃から撮り続けているパートナーのイメージフォトが、Getty Images との契約をはじめ、フランスで発売された Sensual Photography に3年連続で掲載されるなど評価されている。
もう一つ撮り続けている作品「鳥居 "Torii"」は2014年に New York で開催された Chigusa Fikushima Sound Meditation ZEN DRAGON の会場で展示を行い、同年にグループ展「夏の精霊」に参加する。
現在は、ポートレート、広告写真、モトクロスレース撮影など幅広く活動をしながら、自身の作品撮りも積極的に行っている。


Born in Japan in Aug.19,1969.
Before starting his career as a professional photographer in 2009,
Ozeki had been a gardener with 16-years of experience and an amateur photographer.
He studied photography by himself.Currently he is pursuing two photographic subject – one is his wife, and the other is the various landscape with "torii *" in Japan.
He wants to express and communicate his own thrill through his works.
*Torii A torii (鳥居, lit. bird abode, /ˈtɔəri.iː/) is a traditional Japanese gate most commonly found at the entrance of or within a Shinto shrine, where it symbolically marks the transition from the profane to the sacred. (quoted from Wikipedia)